《生化危机HD:重制版》威斯克报告书部分内容一览

《生化危机HD:重制版》威斯克报告书部分内容一览

    《生化危机HD:重制版》中威斯克报告书的内容有哪些?很多玩家对此非常关心,下面小编为大家介绍的是威斯克报告书的部分内容,一起来看看吧。

    女性实验体1978年7月31日(星期一)

    ヘリコプターから降りるとすぐに、その設施を管理する「所長」がエレベーターの前に立っていた。

    从直升飞机下来立即看到了在电梯面前站着的所谓设施管理的所长。

    「そいつ」の事は名前すら億えていない。形式上はどうあれ、アークレイ研究所は、その日から私とバーキンのものだった。

    虽然连“那家伙”的名字我都记不起来了。(“那家伙”应该指的是设施管理的所长)形式上他是 アークレイ阿库莱伊(音译)研究所的所长,但其实从那天开始已经是我和バーキン巴里(音译)的研究所了。(应该指的是所谓所长只是一个摆设)

    主任研究員として、そこでの研究の全権を任された。

    在阿库莱伊研究所全权负责的是主任研究员。

    もちろん、それはスペンサーの意志だ。

    当然了,这一切都是スペンサー斯宾塞(音译)的意思。

    私とバーキンは選ばれたのだ。

    我和バーキン巴里(音译)被选中了。

    私達は「所長」を無視してエレベーターに乗り込んだ。

    我们(指我和巴里 我是威斯克)无视所长直接进入并乘坐了电梯。

    施設の構造は、前日に全て暗記していたし、バーキンは悪気などなく、他人の事は目に入らない。

    设施的构造前几天我已经全部默默记下来了,バーキン巴里(音译)并没有怀疑我,他不在意他人的事情。

    私達を相手にした人間は、最初の5秒で憤慨するの普通だ。

    我们的对手也是人类,最初的5秒会感觉到愤愤不平应该是很正常的吧。

    しかし、「所長」には何の反応のなかった。

    但是,所长竟然没有任何的反应。 (我个人脑补威斯克和巴里无视所长,所以觉得所长应该很生气才对,但是所长并没有任何反应大概这段的意思是这样)

    アレクシアー1

    アレクシアー1 亚历山大-希尔1(音译)

    この時点での「T-ウィルス」は、感染者と呼ばれる「生体生物兵器」の製造には、安定してきた。

    此时的T病毒用来制造一个被叫做感染者的活体生物兵器,它(感染者)安定下来了。

    ただ、ウィルスによる遺伝子への影響に、100%という事は有り得ない。

    只是,病毒感染之后因为基因不同所影响,是不可能百分之百表现一样的。

    人によって遺伝子には微妙な違いがあり、相性というものがあるためだ。

    根据人类基因的微妙差别,也有适应病毒的情况发生。

    感染しても、1割ほどの人間は発症を免れる。

    也就是虽然也是被感染了,但是有一成左右的人类不会发病。

    こればかりは遺伝子研究を続けてもどうにもならない。

    总会有这样的基因,但是研究也不得不继续下去。

   9割の人間は発症させられるなら兵器としては十分なはずだったが、スパンサーの考えは違ったようだ。

    スパンサー斯宾塞(音译)不觉得这样有什么问题,有9成左右的人类会发病,这样的生物兵器已经足够了。

    私達のボスは「それだけ」で100%の人間を殲滅できる、独立した兵器を望んでいた。

    我们的老板期盼着这样独立武器被制作完成,而且“即便只有这些”也足够把人类100%消灭干净。(我们的老板应该指的是斯宾塞)

    だが、一体何のために?

    但是,这样做到底是为了什么?

推荐文章

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。